AI_IMG_7769_TP_V

ニキビ対策と予防には正しい洗顔方法を身に付けることが大事です。
もちろん塗り薬や化粧水など、ニキビ肌に合ったケアも大切。

しかし、いくらケアを行っても間違った洗顔方法だと元も子もありません。
正しい洗顔方法はきめ細かな泡を作って優しく洗う。

誰もが思いつくことだと思います。
ですが洗う順番はどうでしょうか。

人によって洗う順番はそれぞれだと思いますが、実は洗う順番もニキビケアの重要なポイントなんです。
顔を洗う順番ですが、皮脂分泌の多いところから洗うのが基本です。

よって皮脂が目立つ鼻から洗いましょう。
次に額、頬、そして口の周り、最後に目の周辺を洗います。

洗う時に注意したいのが顔の筋肉に沿って指を動かすことです。
鼻だと上下に動かし、頬は内側から外側へと円を描くように洗います。

顔の中心から外側へ動かすイメージで指を動かすと分かりやすいかもしれません。
そうすることで、洗い残しを防ぐことができニキビケアにもつながります。

また顔をすすぐときの温度にも注目です。
熱すぎると肌への刺激になりニキビを悪化させることも。

理想は32℃程度のぬるま湯がおすすめです。
少しぬるいかな?くらいのお湯の方が皮脂が出やすく、汚れが落ちやすいです。

洗顔後はなるべく早めに保湿をしましょう。
浴室で保湿を行うのもおすすめです。保湿にはリプロスキンがおすすめです。

ただ、リプロスキンは薬局では買えないようなので、注意です。