私がお勧めするニキビケアの方法について

ニキビと聞くと10〜20代の若い世代の肌悩みのイメージがありますが、十分な大人になっても悩まされている人は多いのではないでしょうか。

大人になってから出来るニキビは、所謂大人ニキビと呼ばれることもあり、一度出来るとなかなか治りにくいというあまり嬉しくない特徴があります。

ニキビが出来る原因は、食生活の偏りや運動不足、ストレスなどの精神的なものから来ていることが多いです。

それらの原因を踏まえて対策を取ることで、ニキビの改善に繋がりやすくなりますが、私がお勧めするニキビケアは、スキンケアにローズヒップオイルを取り入れるという方法です。

ローズヒップオイルは南米原産で採れるものが多く、現地では傷薬として重宝されています。つい気になってニキビを潰してしまった時に出来やすいニキビ跡は肌表面が傷ついている状態なので、傷薬としての効果を発揮します。そして肌のターンオーバーを促す効果もあるので、ニキビ部分に直接塗り込むことで治りを早めてくれるというメリットがあります。
そんなニキビケアに最適なローズヒップオイルを、私は化粧水で肌を整えた後にニキビに塗り込み、その後乳液でフタをしています。ローズヒップオイルは紫外線に反応しやすいため、夜のスキンケアで取り入れるようにしています。

ローズヒップオイルを使うようになってから、長い間悩んでいたニキビやニキビ跡が目立たなくなりました。

完全に解消するまでにはまだ時間がかかりそうですが、これからもずっとスキンケアに取り入れ続けようと思っています。